イラストや動画を作成したい人のためのクリエイターパソコン選び

トップページ
お気に入りに追加
  

イラストや動画を作成したい人のためのクリエイターパソコン選び

家庭用のパソコンさえあれば、漫画やイラストを描いたり動画を作成することが可能です。

但し、利用するならクリエイターパソコンを選びましょう。

 

特に普段からメールやウェブサイトの閲覧程度でパソコンを使っている人は要注意です。

これらは低性能パソコンでも難なくこなせる作業ばかりだからです。

 

一方、イラストや動画作成には一定以上の性能を求められますので、やや高価なクリエイターパソコンが適しています。

クリエイターパソコンの選び方ですが、まず注目したいのがメモリ容量です。

 

イラストや動画のソフトを動かす際には、たくさんのメモリを使います。

格安パソコンでよく見かける4GBではやや容量不足に感じます。

 

最低でも8GB以上を選び、動画制作目的であれば16GB以上のメモリがあると安心できるでしょう。

パソコンの頭脳とも呼べるCPUに関しては、2Dの漫画やイラスト作成であればIntelのCore i3程度であっても十分動かせます。

 

余裕をもたせてワンランク上のCore i5を選ぶのもおすすめです。

3Dや動画作成なら最低でもCore i5、より高画質と快適性を求めるならCore i7以上を選びたいところです。

 

AMDのRyzenシリーズも人気があります。

また、3Dや動画作成を目的とするならビデオカードが組み込まれたクリエイターパソコンを選びましょう。

 

CPUにも内蔵されているグラフィック処理性能ではあるものの、ビデオカードのほうが処理能力が高く、スムーズにソフトを動かせるのがメリットです。

GeForce GTシリーズなら比較的安価ですが、より快適な処理を望むならGeForce GTXシリーズ以上を組み込みたいところです。