DMM光の特徴と良し悪しとは何か

トップページ
お気に入りに追加
  

DMM光の特徴と良し悪しとは何か

基本料金がどこよりも安く、度々実地されるキャンペーンの内容の質も高く、利用者の口コミ評判も高いことから、続々と他社のモノから乗り換える人が多く、なかでも基本料金がどこよりも高いフレッツ光から乗り換えをしてくる人が増えています。

 

フレッツ光とDMM光を比較した場合、マンションの場合でフレッツ光が5600円、DMM光が3780円と基本料金だけでも1820円の差があります。

戸建て住宅の場合だとフレッツ光は6800円、固定料金の通常プランのDMM光が4820円なので、1980円の差が生じます。ユーチューブ等で動画を見たり、電子コミックを見たり、オンラインゲームで遊んだりする際も、以前よりもサクサクスムーズになって快適になったという人が多いので、通信速度もストレスなく最高です。

 

DMM光電話の月額料金も500円と他よりも安いし、月額料金が660円の光テレビもアンテナ不要でBSが見れて最高だし、水濡れ等の端末保証も500円と安く、オプションにある緊急時のトラブルのオプションサポートサービスの評判も良好です。

 

唯一の欠点とすれば、2段階定額の通信速度が最大100Mbpsしかないので、固定のモノを選ばない人には多少デメリットがあることです。

また、マンションの場合はいいですが、戸建てプランは2年間の縛りがあるので、この2年間以内に解約した場合だと別途9500円の違約金がかかるので注意が必要です。

 

しかし、違約金はどこも9500円から15000円程度の価格が多いので、違約金自体は安いほうです。

DMMモバイルの人はセット割りでお得になるので、確実に選んだほうがいいです。