ハイスペックPCの老舗、フロンティア

トップページ
お気に入りに追加
  

ハイスペックPCの老舗、フロンティア

フロンティア(FRONTIER)はハイスペックPC、ゲーム用PCの老舗メーカーです。

ホームページ上で購入すことが多いですが、家電量販店の店舗にフロンティアのブースが置かれていることもあります。

 

本格的なゲームをプレイするときは、10万円前後のPCを購入するのが基本です。

もちろん、それ以上のハイスペックPCでプレイすればより高画質、高性能のゲーム環境を実現できます。

 

最近ではゲームの録画や生中継をする人も増えていますから、よりスペックが高い方が有利です。

フロンティアは通販タイプが基本なので、安く、高性能のPC、ゲームを楽しめるPCを購入することができます。

 

本格的なゲームが楽しめるPCを購入する場合、最も重要なのはスペックですが、フロンティアでは、ゲーム用PCの構成が数多く用意されているので、それらの構成の中から選んで購入するだけでゲームが楽しめます。

液晶を既にお持ちの場合は、新しく液晶を飼う必要はなく、新しいPCに既存の液晶をつなぐことができます。

 

PCゲームをプレイする際のスペックについて言うと、CPU、メモリ、GPU、この3つがカギを握ります。

CPUとはPCの頭脳にあたり、処理能力に関する部分です。

 

近年では、インテルのCore i7が最高性能です。Core i7の中でも様々なバージョンがありますが、最新のCore i7であれば問題なく本格的なゲームが堪能できます。

一つランクが下のCore i5でも十分楽しめます。フロンティアではCore i7 Core i5 いずれも豊富にそろえてありますから、安心して購入できます。

 

次に、メモリとはCPUを動かす容量のことで、最近では16GBが主流となっています。

8GBでも十分PC上でゲームを動かすことができます。32GBは最強だといえるでしょう。

 

フロンティアでは16GBの構成が多いので、何の問題もなく購入できます。

最後に、GPUとはグラフィックカードやビデオカードとも呼ばれ、画像や映像の処理で活躍する製品です。滑らかなゲーム環境を実現してくれます。

 

NVIDIAとAMDという2つの会社があるのですが、NVIDIAのGeForceが主流です。

近年はGTXという製品名が使われており、数字が大きければ大きいほど性能が高いです。

 

フロンティアではGTX1070, GTX1060, GTX1050Ti, GTX1050 そしてメモリは8GB、6GB、4GB、2GBと数多くのGPUが用意されていますので、どれを購入しても本格的PCが楽しめます。

 

その他のスペックとしてハードディスクや電源という要素がありますが、こちらは用意されているもので十分です。もちろん、よりワット数の高い電源、SSDや大容量のHDDをカスタムすることもできます。

 

分割払いもできますし、初心者の方は10万円前後の構成のPCから始めても問題なく本格的なゲームを楽しむことができます。

カスタムといって構成を少しずつ組み替えて購入することもできるので、自分の希望に合わせたPCを購入することができるのがフロンティアの特徴です。

 

ゲームPCのカテゴリだけでなく、デスクトップPCのカテゴリでも十分楽しむことができます。