HPならば性能重視のゲーミングPCを自作しなくても手に入れられます

トップページ
お気に入りに追加
  

HPならば性能重視のゲーミングPCを自作しなくても手に入れられます

HPのゲーミングPCは、タワー型だけでなくOMEN Xシリーズのように高度に考え抜かれたキューブ型タイプも存在します。

CPUコアにグラフィックスチップが内蔵されているタイプが多い中で、専用のグラフィックボードをSLI接続して2枚使える仕様は貴重な存在です。

 

電源容量だけでなく、本体のサイズや設計思想についても、自作以外の手段では実現が難しいと考えられている水準までゲーミングPCでは到達しており、自らパーツ選びをしてPC自作することは難しいと考えている人にとっても、十分な性能を持ったゲーミングPCを手に入れられるでしょう。

 

HPのPC生産量は世界最大規模となっているので、パーツ調達だけでなく同じモデルを大量生産することによる量産効果を得ることが出来ます。

パーツ単位で高性能部品を揃えると、高額になりすぎる場合であっても、HPならば他社に真似出来ない水準の価格に抑えることが可能です。

 

OMEN Xシリーズならば、水冷式の冷却システムを採用しており、内部も3つの区画に分けて別方向から空気を取り込めるように工夫されています。

熱源となっている部分から水冷システムにより熱を移動させて、大容量ファンにより静音のまま一気に冷却出来るので、ゲーミングPC稼働中でもある程度の静音性を維持出来るわけです。

 

グラフィックボードとしてハイエンドゲームでは、SLI接続による2枚挿しが行われているので、将来のアップグレードに対応したOMEN Xシリーズならば、本格的なゲームを快適に楽しめるでしょう。